テレワークを推進している
中堅・大手企業にオススメ!

日経がネットワークする
シェアオフィスが
全国に200ヵ所!

  • 近くのシェアオフィスが見つかる!
  • 集中できる環境で生産性も向上!

月額13,871円(税別)から
入会金/基本料金 無料

POINT

OFFICE PASSとは?

テレワークにオススメ
いつでも、すぐ近くの
シェアオフィスが使える!

「在宅ワーク」するにも家に落ち着いて仕事できる場所がない、「モバイルワーク」するにも移動の途中や出張先に仕事場がない、
「サテライトオフィス勤務」するにも住居近くにオフィスがない…。
「OFFICE PASS」とは、テレワークに欠かせない、シェアオフィスサービスです。

全国200拠点の
シェアオフィスが使える

OFFICE PASSで利用できるのは、北海道から沖縄、さらに台北まで約200カ所。出張先でも、移動途中でも、仕事したいとき、近くにオフィスが見つかります。

首都圏中心に、全国で。
仕事したいとき身近にすぐオフィス。

予約なしで
手軽に利用できる

事前予約は不要。リアルタイムの空席状況をOFFICE PASSのサイトで確認して、近くの空いているオフィスに行き、QRコードを提示するだけで利用できます。

スマホさえあれば、空席確認も、チェックインも。

ご利用方法はカンタン!

STEP 1
OFFICE PASS
サイト上で空席確認。
STEP 2
ログインして、
QRコードを表示。
STEP 3
オフィスの受付で
QRコードを見せて
チェックイン。

OFFICE PASSがあれば、
社員が自宅近くや出張先で、気軽にオフィス利用できます。

PLAN

低コストで使いやすい
2つのプランをご用意

テレワーク導入課題のひとつが、初期投資。新たなシステムやサテライトオフィスの導入にはコストがかかりがちです。
OFFICE PASSは月13,871円(税別)という手軽な価格で日本全国のシェアオフィスを活用可能です。

まずは、社員みんなで使える
回数課金プラン

複数ユーザーで利用可能

  • 1ヵ月あたり
    合計8回につき

  • 13,871円(税別)

複数社員の利用回数を合算できます

「導入してすぐは、使う社員がどれだけいるか、どれくらい使うかわからない……」という場合は、まず「回数課金プラン」をご利用ください。

※サービスにログインするための日経IDはお1人1アカウント取得いただく必要があります(取得は無料です)。

シェアオフィスを徹底活用するなら
使い放題プラン

1ユーザーごとに契約で

  • 使い放題

  • 月額13,871円(税別)

1ユーザー9回以上使用なら
こちらがおトク!

月に9回以上使う社員の方がいるなら、「使い放題プラン」がおトクです。

※お申し込みは2ユーザー以上から承ります。1ユーザー分のみのお申し込みをご希望の場合、「法人(1人で使い放題)チケット」をご利用ください。サービス内容、価格は同じですが、クレジットカードで決済いただきます。詳細はこちら

OFFICE PASSなら、テレワークを低コストで推進できます。

SCENE

OFFICE PASSの利用シーンは?

営業が、エリア担当者が、
在宅勤務者が…
使い方いろいろ。

実際に自社で誰がどんなふうに「OFFICE PASS」を利用するのか、具体的なイメージがわかないことも多いでしょう。
在宅ワークなどばかりでなく、さまざまな部門、職種で、さまざまなケースで、テレワークの利用により、
時間を有効活用して、生産性を向上させることができます。

営業担当が
アポとアポの合間にひと仕事
顧客先訪問後、次の顧客とのアポイントまで時間が……そんなとき、近くのシェアオフィスで、営業報告や企画書作成など、しっかりと仕事できます。
エリアマネージャーが
店舗を回った後
帰社せずに事務作業
エリアマネージャーが担当エリアの店舗を回った後、帰社せずに、聞いたばかりの各店の営業状況や課題を報告書にまとめることができます。
在宅勤務時に、
落ち着いた空間で仕事ができる
誰もが自宅に快適なネット回線や書斎を持っているわけではありません。自宅近くにシェアオフィスがあれば、通勤時間を節約しつつ、快適環境で仕事できます。
エンジニアが集中作業できる
ワークスペース
自社オフィスでは会話の声や人の出入りがあり静かな環境はなかなか手に入りません。コードを書くなどの一人で集中したい作業の際はシェアオフィスへ。
オフィスを拡大せずに
シェアオフィスを活用
自社の執務スペースを維持・拡大するコストは膨大です。社員が増えた時、自社オフィスの在り方を見直したい時、シェアオフィスを活用すれば柔軟に対応できます。

OFFICE PASS利用で
さまざまな職種が、生産性高く、時間を有効に使えます。

CASE

OFFICE PASSの導入効果は?

働き方改革、生産性向上はもちろん
採用にも効果

「働き方改革」の第一歩として、多様な働き方ができるテレワーク推進のために導入されることが多い「OFFICE PASS」。
実際に導入した企業からは、想定以上の生産性向上やリクルート効果などのお声をいただいています。

導入企業様に
よくお聞きする
導入効果は

  • 働き方改革スタートさせることができた
  • テレワークの実現で、離職を減らせた
  • 生産性が向上して、社員の労働時間を短くしつつ、同じ成果を出せた

利用部門の声

利用部門の声

在宅勤務制度を利用する日に、OFFICE PASSのシェアオフィスで仕事をしています。
集中できる環境で、プログラミングや論文の読み込みに専念できます。製造業 A社

顧客訪問の合間、自社に戻らずシェアオフィスを利用しています。
移動時間の無駄が省け、仕事の効率が上がりました。SI・ソフトウェア B社

導入担当者の声

管理者も利用者も簡単な手続きで始められることと、コストメリットが決め手になりました。デジタルマーケティング C社

複数のお客様先を渡り歩いて仕事をしている社員が、自社オフィス以外で
働く場所を選べるようになり、仕事へのモチベーションが目に見えて高まりました。広告代理店 D社

導入担当者の声

OFFICE PASS導入は
会社にとっても、社員にとっても、多くのメリットがあります。

COMPARISON

法人向けシェアオフィスサービスを
徹底比較

拠点数やコストで選ぶなら
「OFFICE PASS」

  OFFICE PASS シェアオフィス
サービスA社
シェアオフィス
サービスB社
拠点数

業界最大規模200以上の拠点

約120拠点

約50拠点

従量課金の基本料金

なし

5,000円/ユーザー

なし

従量課金料金

約1,734円/回(最大13時間使える拠点も)
※13,871円 複数ユーザーで8回/月

700円/時間
(100人以上契約の場合)

150円~250円/15分

使い放題プラン

13,871円/ユーザー

30,000円/ユーザー

なし

(2019年3月時点)

業界最大規模200拠点を低コストで利用可能。
テレワーク推進にまずはOFFICE PASS導入を。

Nikkei Inc. No reproduction without permission.